商標専門誌の出版社パテントジャパンの商標 顕著性事典 書籍版のご紹介

トップページ > 商標 顕著性事典 書籍版

商標 顕著性事典 書籍版のご紹介

概要

編集:松田 治躬
出版社:パテントジャパン
収録年度:昭和42年〜
価格:38,500円
装丁:B5版 / バインダー5冊
追録式:年3〜4回 \9,500〜\10,000/回

特徴

  • 顕著性判断の実態を知り、無駄な商標登録出願を回避できます。
  • 膨大な量の審決から類例を短時間に抽出でき、実務の能率が上がります。
  • 部門別編集のためその分野の類例が見つけやすくなっています。
  • 顕著性判断の理由が明示されているため、一般名称かどうかの判断が容易になります。

主な項目

  1. 化学部門(第1類〜第5類)化学品・薬剤・化粧品
  2. 機械部門(第6類〜第13類・第34類)機械・工業用材
  3. 繊維部門(第14類〜第17類)被服・繊維
  4. 雑記部門(第18類〜第27類)日用品・文房具・雑貨
  5. 食品部門(第28類〜第33類)飲料・食品
  6. 役務部門(第35〜第45類)

さらに各部門が下記の項目に分かれています。

  1. 普通名称・慣用標章(1号・2号)
  2. 品質・原材料・効能・用途表示用語
  3. 品位・等級呼称表示用語
  4. 産地・販売地表示用語
  5. 色彩表示用語
  6. 数量・記号表示用語
  7. ありふれた氏姓・名称(4号)
  8. 簡単かつありふれた記号(5号)
  9. 識別力がない商標(6号)
  10. 識別力のない図形商標
  11. 品質の誤認を生ずる商標(4条1項16号)
  12. 普通に用いられる文字態様
  13. 使用による顕著性(3条2項)
  14. その他、第3条に関する審決
  15. 立体商標